Blog

花壇の植え込み / オセアニアの植物

目黒区にあるマンションの花壇。

外観のリフォームに伴い、花壇の草花を新しく植え込みさせて頂きました。

その時の施工写真です。

向かって右手は、大きなグニユーカリをシンボルにし、小花を咲かせるティーツリーに似たバーケア・リニフォリア、オーストラリアンローズマリー、ニューサイラン銅葉、カロタムス、カレックス、セージなど、セアニア系(オーストラリア)の植物を混ぜながら植えています。

↑品のある可憐な小花が可愛いベロニカ・グレース。

後ろの青い実は、春の花から秋の実まで楽しめる、ビバーナム・ティナス。

全体的に植物の成長を見込んで、少し間隔を開けて植え込んでいます。

ここから、どのように個性を出して成長していくのか、とても楽しみです。

こちらの中目黒邸では、普段の水やりやお手入れなど、基本的な事に関してはお客様にお願いしていますが、2ヶ月に1度、伸びたり枯れたりした枝の剪定、雑草の処理、季節の花の植え替えなどの、メンテナンスに入らせていただき、アフターケアもしております。

メンテナンスは、1ヶ月に1度、3ヶ月に1度、6ヶ月に1度など、お客様の生活に合わせた間隔で承ります。

ガーデンプランの際に、お気軽にご相談ください。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

0